こんにちは!

まだまだ残暑が厳しく、蒸し暑い日が続いていますが、皆さまお変わりなくお過ごしでしょうか?

さて、今回からしばらくは、私のリアルな血糖値についてお話ししていこうと思います(*・ω・*)

「ん?リアルな血糖値ってどういう意味?」

と、思われるかもしれませんね。

私は痩せ過ぎではありますが、とても健康的な血液データの持ち主です。

血糖値に関しては、空腹時血糖値が80、HbA1c(血糖値の採血時の前1〜2ヶ月間の血糖値の平均を表す指標)は5.0です。

そんな私の血糖値は、何を食べるとどうなるか?をリブレという血糖値測定器を使って計ってみました。そのデータを皆さまと共有して健康に生かして頂けたらと思います!


リブレをご存知ですか?!


血糖値をいつでもどこでも、その場で測れる機械です(。・ω・)(・ω・。)ワクワク

センサーを腕に装着して、血糖値が気になる時にセンサーの上に読み取り装置をかざすと、ピッと測定してくれます‼️

しかも、センサーは8時間分を記憶していてくれるため、8時間に一回読み取るだけでもグラフなど記録を作成できます。

ピッと読み取った時は数値も分かります!


リブレ装着すると、こんな感じ。

真ん中に8mm程の細い針があり、スタンプを押すようにガチャンと腕に押し付けると、このセンサーだけが張り付く仕組みです(*・ω・*)

痛みは全くなし!

それでは、次回からはリアル血糖値を楽しみにしていてください(。・ω・)ノ゙ ♪

★★血糖値の豆知識★★

血糖値とは、

簡単に言うと、血液中に糖がどれくらい含まれているかを表す数値です。

空腹時血糖値の基準値は100mg/dl以下が正常



何を食べても血糖値が上がるわけではなく、「糖質」が含まれているものを食べると、上がります。

逆に言うと、糖質が含まれていなければ、いくら食べても血糖値は上がらないんです!

糖質が多い食品

1.甘いもの(お菓子、ジュース、砂糖を使った料理など)
2.主食になるもの(米、パン、麺など)
3.糖質の多い野菜(イモ類、カボチャ、とうもろこし、にんじんなど)
4.果物

糖質が少ない食品

1.脂質(オリーブオイル、サラダオイル、バター、ラード、ナッツ類など)

※カロリーは高いけれど、糖質はほとんど含まれていません。

2.野菜、海藻類

※芋類、カボチャ、とうもろこし、根菜類は糖質が多いので注意!
3.タンパク質(肉、魚、大豆製品など)
※カロリーは糖質と同じ1g=4kcalですが、糖質が少ないため、ほとんどあがりません。


新永空調工業有限会社
〒339-0071
埼玉県さいたま市岩槻区相野原147-3
TEL:048-794-2239
FAX:048-794-4213